フィラリア薬 通販

フィラリア薬を通販で購入する方法とは

大切な愛犬にとってフィラリアとはとても恐ろしい病気です。
ですが蚊による感染なのであまりにも身近で避けることのできない病気でもあります。

 

そのため愛犬にとってフィラリア薬はとても必要な薬ですね。

 

日本ではフィラリア薬は診察を受けて処方されることが必要です。
人間のように保険が利かないので金額もかなり高額になってしまいます。

 

海外ではスーパーやドラッグストアで普通に売られていることから、最近では日本国内でも個人輸入や通販でフィラリア薬を購入する方が増えています。

 

個人的に購入することは費用をかなり安くおさえることができますが、病院で処方されていたものを自分で投与することに問題はないのでしょうか?

 

フィラリア薬を投与する時の問題となるのが、感染している犬の場合です。

 

感染しているかどうかは個人ではもちろん判断できないので、初回の投与だけを動物病院でお願いして、愛犬の健康状態に特に問題がなければそれ以降は通販などで購入したものを投与しているという方法の方が多いようです。

 

確かにこの方法なら危険性はずいぶん低くなりますね。
ですがこの薬を販売しているサイトもたくさんあります。

 

薬を購入する際は安さだけで選ぶのではなく、信頼できるところから選ぶようにして下さいね。

大切なワンちゃんにとってフィラリア薬が必要な理由

フィラリアとは、犬の心臓や肺の血管に寄生する虫です。

 

この寄生虫は蚊によって犬から蚊へまた蚊から犬へと運ばれ続けています。
フィラリアが犬の平均寿命を下げている原因と言われているほど、ワンちゃんにとってはとても怖い寄生虫なのです。

 

蚊が血を吸う時にペットの体内に入り込みます。ペットの体内で脱皮を繰り返し幼虫だったフィラリアは大きくなります。
血液に乗って心臓までたどり着ついて心臓の中に寄生すると、血液を全身へ送り込む力が弱くなります。血の巡りが悪くなることで肺やお腹に水がたまったり、臓器の働きが悪くなるなどペットはだんだん弱り様々な病気を引き起こします。

 

蚊に刺されないことが一番良いのですが、たとえ室内で飼われているペットであってもそれは難しいですね。

 

そのため予防薬を使うことで体内に入り込んだ幼虫を駆除します。
心臓や肺の動脈へたどり着く前に駆除するために、月に1度薬を服用させるのです。

 

幼虫が成長するタイミングなどがあわないと薬の意味がなくなってしまいます。
そのためにもきちんとフィラリア薬の予防時期を守りましょう。

 

予防薬を服用させたりペットへ直接塗るタイプなど様々ありますが、しっかりと約束ごとを守ることで感染を防ぐことができますよ。

個人輸入でフィラリア薬を購入するには

大切なペットをフィラリアから守るためにも、フィラリア薬は大切な予防薬です。
主に蚊が感染ルートになっているので、毎年避けては通れない予防薬ですね。

 

ですが薬の投与については日本では病院で処方してもらう必要があり、費用の負担の大きさに悩まされている方も多いのではないでしょうか。

 

そのため最近ではフィラリア薬を個人輸入で購入している方も増えています。
個人輸入の経験のない方にとっては手間や言葉の問題など敷居を高く感じてしまいますが、ネットショッピングのように手軽に購入する方法があります。

 

それは輸入代行サービスの利用です。

 

輸入品の品質も気になるところですが、個人輸入を利用する方や輸入代行サービスを行う会社が増えていることもあり、信頼できる所からの購入なら問題ありませんよ。
いつも病院を通していたものを個人的に投与することにためらいがあるのなら、血液検査や初回分だけは病院にお願いをして、その後は病院と同じメーカーの薬を購入すれば心配ありませんね。

 

海外ではスーパーやドラッグストアで売られているほど、健康なペットには問題のない予防薬です。
ただ、フィラリア薬の投与の時期が決まっているため、シーズン時期は注文が集中して品切れになってしまう商品もあります。

 

購入は早めにしておいた方が良いですね。

 

 

フィラリア薬を激安通販で買ってみた